自立学習とは

自立学習とは

自立学習とは「教科書から自分で内容を読み取っていく勉強法」です。

今の世の中は塾がたくさんあります。しかし塾とは勉強を教えるところ、子供にとって塾は勉強を教わるところ、これが普通の塾に対する認識です。ところが高瀬式自立学習は「勉強を教える」のではなく「勉強方法を教える」事を始めた訳です。「勉強方法を教えるから自分で勉強しなさい」生徒にとっては一見突き放されたような冷たい戸惑いを感じることでしょう。しかし勉強方法が分かるに従って自分で喜んで勉強を始めるのです。

「勉強を教える」旧来の勉強法では先生は単元の一つ一つを解説しなくてはなりません。生徒はそれを聞いて理解する事になります。しかし「先生が教える」という事自体に実は様々な問題が隠れているのです。まず先生によって教え方の上手下手が必ず存在します。先生が十分教える内容を分かりやすく整理していないために生徒が理解できない、先生の教えるペースに生徒の理解が追いつかない、言っている内容が分からないのに聞き直せない、など先生側の原因で先生の伝えたい内容が生徒に伝わらない事は普通にあることです。「勉強方法を教える」自立学習では教科書から直接内容を読み取ります。先生が間に介在しないので、先生側の原因で発生する問題そのものが無いのです。

それ以上に効果があった事は、自立学習法を教わった子が次第に勉強のスピードが速くなり、あっという間に単元を終える様になってくることです。これは成績に大きく貢献し成績が大幅に上がります。また自立学習のレベル が上がるに従って理解度も大きく向上します。読解力が向上します。やる気も向上し、集中力も向上します。奇跡と言われる偏差値を20もあげる事のできる理由がここにあります。また長年当会で勉強した子がその後学校で高成績を取ったり、表彰される事がしばしばあります。その原因も全てここにあるのです。

特に数学(中学、高校)の自立学習による勉強は効果が高く、これを学んだ生徒が急に成績が伸び始め、奇跡と言われる成果を残した人がたくさんいます。今では小学生の中学受験でも教えています。


自立学習が身につくための様々な工夫

自立学習だから教科書を読め、といっても子供が簡単に教科書を読めるようになる事は決してありません。自立学習を子供が無理なくスムーズに身につける為には多くのステップや塾全体としてもシステムを作り直す必要がありました。現場の先生達と一緒に15年にも及ぶ試行錯誤が繰り返されました。 指導の仕方、質問の受け方、教室の雰囲気の作り方、教室の大きさや生徒との感情的関係 など自立学習を効果的に子供に伝える無数とも言える様々な課題が取り上げられ議論されました。そして 自立学習が効果的に機能するシステムに少しずつ変わってきたのです。

それが次のようなやり方です。体験の際にぜひご体感ください。

  • 指導は先生一人に対し生徒3名の個別指導です。
  •  指導という時間以外に自立学習(自習)という時間が追加されました。指導の時教えた勉強法を自立学習の時に自習で進めるのです。
  • 先生達は全員すごく優しく、面倒見の良い先生達です(体験チェックポイント1)。
  • 先生達が高瀬式自立学習をとても分かりやすく教えます(体験チェックポイント2)。
  • 先生達が醸し出す心地よい雰囲気は体験しなくては決して分かりません(体験チェックポイント3)。その中で圧倒的な長時間学習も可能です。
  • 塾にいる間はいつで も質問ができ、すぐ教えてもらえます(体験チェックポイント4)。

その他の勉強法

  • 大量暗記法:英単語(大学受験の英単語帳をまるまる1冊約2000語ほど暗記する方法です。大変効果が高く偏差値を10程度上げます)
  • 大量暗記法:社会(大学受験用世界史、日本史の書き込み教科書の完全暗記法4000語ほど暗記します)
  • 小学生の計算法1(公文式計算法の問題点を改良し、ミスを出さないな中学受験用の計算法です)
  • 小学生の計算法2(更に中学受験用計算の改良版で、非常に早く簡単に難しい計算をマスターできます)
  • 英語と日本語 をつなぐ中間訳のやり方(今も当会では中学生の指導で使っています)
  • 勉強の各種管理法(勉強は成果が出るのに3ヶ月から半年の長期に渡るため、適切な管理が無くては成果につながりません)