中学受験 「飯田くん」

YT;Aコースから慶應中等部に合格

YTネットのAコース(一番下のコースです)で入会、1年半でC1コースまで上がり、慶応中等部に合格
(慶応中等部はSコースの人がチャレンジする学校で、Cコースからでも難しく、ましてやAコースから入るのは奇跡といえます)

1年前初めて飯山君(仮名)とあった時は、こんな奇跡を起こす天才的な子供とはだれも思えませんでした。なぜならば「いろいろ塾を変えたけど成績はほとんど上がらなかった」との事だったからです。

しかしお母さんは違っていました。「この子は才能がある」と感じていたことだと思います。だから「きっとこの子の才能を伸ばせる場所がある」とこの子に合う塾を探し続けていたことだと思います。そして集団指導塾、個別指導塾、自立学習指導会とあきらめず塾を変えました。結果的に母親の直感は正しいものでした。

彼の受験は小3の2月から始まりました。賢い子だったのでまず有名集団塾に入れました。しかし競争の中で成果を上げることができず、4年の2月に辞めました。その理由は競争という環境下で精一杯がんばってみるのだけれど、なにかなじめないのです。たぶん自分のペースで進めないため焦ってしまうのだと思います。個別でなくてはこの子は伸びないと感じたお母さんは5年生の6月に今度は有名個別指導塾を選び行かせました。

しかしそこでは大手塾であるが故の悪い点がたくさん出てきました。人数が多いため分からないことがたくさんあっても時間がなくて質問できない。先生がアルバイトのため生徒がやるべき方向性を示せず、その結果生徒の好きな科目に勉強が偏る。間違い直しがきちんと出来ていないなど、指導がおおまかなのです。やはり成績は上がらず結局辞めてしまいました。

そして半分あきらめ、またかすかな期待をかけて自立学習指導会を訪れたのはもう5年の9月になっていました。

前の塾でうまくいかなかったこともあり、自立学習指導会では最初はテストを受けずに、算数の勉強の仕方を学びました。そして2月から本格的にテストを受け始めました。そこから飯山くんの快進撃は始まります。以下テストの結果です。

2014年度YTネット

1月  一般生
2月  A-18組
3月  B-2組
5月  B-7組
6月  C-13組
7月  C-7組
9月  C-7組
10月 C-1組

そして10月には国語のテストでなんと偏差値80を出し、全国4位になりました。
さらにこの勢いを維持して2015年の2月

2月1日 芝中学校        合格
2月2日 青山学院中学校    合格
2月5日 慶應義塾中等部    合格

と受ける学校すべてに合格し、5年生の時には夢のまた夢であった慶応にも受かってしまいました。

私は言いたいです。
「飯山くん本当におめでとう。私は君のような受験生を指導できて光栄です。そして誇りです。ここで身につけた自立学習という強力な武器を使って、中学でもそして社会でも活躍してください。」
加藤竜哉

飯山くんの言葉
「加藤先生本当にありがとうございました。この塾に来なかったなら慶応は決してありませんでした。この塾と出会えたのは本当に幸運でした。すごく楽しく充実して勉強ができました。そして細かく面倒を見てくれた加藤先生、ありがとうございます。加藤先生を僕こそ誇りに思います。」